特化型ブログ実践記(1ヶ月目)―月収10万円までの道のり―

 

こんにちは WATANABEです。

 

今日から特化型ブログの実践をして、月収10万円まで稼げた道のりを紹介していきます。

未だにブログで稼げていない方、トレンドブログしか挑戦したことがない方の参考・キッカケになればと思います。

 

個人的な感想ですが、特化型ブログはトレンドブログを運営するよりも簡単なイメージがあります。

というのも、戦略をちゃんと練って実践すれば、稼げることが想像しやすいからです。

 

”ゴールから逆算してブログを運営する”

これを出来るのが特化型ブログのメリットだと思っています。

 

ということで、特化型ブログを始めて1ヶ月目からゴールまでの道筋を紹介していきます。

 

特化型ブログへ挑戦する覚悟を決めた理由について

まず、私自身は、特化型ブログを実践する前はトレンドブログを実践していました。

トレンドブログでは月収14万円以上は稼げたのですが、稼げたと同時に限界を感じました。

というのも、トレンドブログは”労働型”のブログだからです。

 

毎日毎日旬な記事を書いておかないと、どんどんアクセスが減ってしまう。

となると、自身で記事を書いて更新し続けないと収益も同時に落ちていくのです。

だからトレンドブログを資産ブログにすることはとても難しいです。

 

このデメリットを知ったからこそ、今度は資産型ブログを作ることを目標にしました。

そして、資産ブログを目指すことと同時にブログ運営の自動化も実践していくことにしました。

 

ブログ運営の自動化というのは、記事更新を外部に任せるということです。

要は、記事更新を外注様を使って、自身の労働の範囲を限りなく狭くすることを実践することに決めました。

そうすることで、ブログ運営と収益にレバレッジを効くようにしたのです。

 

外注様にお願いすることで、ブログの量産をして収益の柱を増やすこともできますし、別のブログ運営方法も実践できるようになりますからね。

※実際、現在はGoogleアドセンスではないASPを使って収益させる方法を学んでいます。

ですので、こうした時間の自由を得るためには、外注様にお願いすることが一番だと考えたのです。

 

なので、今回から紹介していく特化型ブログでは、

☆記事更新は外注様を利用

☆自身では記事を一切書かない

ということをルールに決めて実践しています。

 

それでも特化型ブログは、月収10万円以上稼ぐことは可能だということを知ってほしいのです。

そして、これこそが【ブログオーナー】の働き方であることも知ってもらいます。

 

↓プロフィール↓

 

特化型ブログを実践する前にしたリサーチ方法

特化型ブログというのは、”特定のジャンルだけ”にスポットを当てたブログ運営方法となっています。

ですので、事前に特化型ブログのジャンル選びをする必要があります。

 

このとき、私自身が心がけたのは、

  • ジャンルの検索ボリューム
  • ライバルサイトの多さ
  • ライバルサイトの強さ
  • 1年中検索されるジャンル
  • ASPとも絡めやすいかどうか

など、大事なことを徹底的にリサーチをかけました。

 

大事なジャンル選びですが、最初に”1年中検索されるかどうか”を決めてから行動しています。

そこからライバルチェックなどをしました。

 

そして、特定のジャンルの選び方では、枠の幅を広げて選んでいます。

例:イベント系のブログを運営しようとした場合で説明します。

 

広すぎず、狭すぎずを大事にして運営しています。

※釣りに関しては、川釣りか海釣りかでジャンル分けすると、丁度いいボリュームになるかもしれませんね。

 

特化型ブログは、専門性のあるサイトなのでSEO的に強いサイトになると言われています。

ですが、専門性というならば、ジャンルの範囲は狭くする方がそのジャンルで強いサイトができるということですよね。

なので、広すぎず狭すぎずでサイトを運営すると、ちょうど良いものになるのではないかと判断して、今回実践しています。

 

※ただ初めての取り組みなので、そのジャンルはGoogleアドセンスのクリック単価が高単価なのかどうかを調べるのを忘れていました。

ですので、ここをもっとしっかりと調べておけば、もっと早くに月収10万円は超えていたのではないかと思います。

 

特化型ブログ実践記(1ヶ月目)―月収10万円までの道のり―

特化型ブログの実践で1ヶ月目アクセス数ですが、本当に少ないです。

 

総アクセス数:204PV

 

ご覧の通り、雀の涙程度しかアクセスはありません。

 

というのも、ブログを立ち上げたばかりの新規ドメインは、どう頑張っても上位表示できないからです。

有料ブログは、立ち上げの3ヶ月目以降から徐々に上位表示されていきますので、そのために1ヶ月目から記事をたくさん仕込んでいきたいですね。

 

でも、私の場合は外注様を利用して今回実践しているので、このブログに仕込んだ記事数は30記事もありません

1日=1記事も仕込んでいません。15記事程度しかブログに入れていません。

 

今後もずっと月収10万円までは、1日=1記事程度を目標に記事を入れていくことにしています。

(ブログには1ヶ月で多くても30記事程度くらいしか投稿されないイメージですね。)

 

ただ、個人的な考えでは、特化型ブログはトレンドブログではありませんので、それでも大丈夫だと判断しています。

 

1ヶ月目に仕込んだ記事のネタ寿命の割合

特化型ブログは専門性が高いため、基本的にはショートレンジの記事は必要ないと認識しています。

ですので、ショートレンジのアクセス爆発を起こすネタは投稿しません。(今後ずっとです。)

 

基本的には、ミドルレンジネタ・ロングレンジネタだけを投稿していく予定です。

しかし、これらのジャンルは上位表示されるために時間が必要です。

なので当分の間、ずっとアクセス数は少ないだろうと覚悟しています。

 

自身でも記事を書ける方ならば、ショートレンジの記事も入れてアクセス爆発を起こしていくと、より早くブログは強くなっていきます。

なので、そう考えると私の戦略は少しだけ効率が悪い方法かもしれませんね。

 

※目先の利益を狙う方には辛い方法かもしれませんが、多忙な人でも実践できて、かつ、安定的に収益を求める方法を探したいならば、こうした方法が得策でしょう。

また、自身で1記事も書かないで稼げるかどうかを検証する必要がありますので、この方法で継続していきます。

 

さて、記事ネタの割合ですが、以下の通りになっています。

 

ロングレンジ8:ミドルレンジ2

 

この割合で記事をブログに入れていきます。

ブログを安定させるためには、どうしてもロングレンジのネタが必要です。

ですので、安定を前提に考えるならば、最初からどんどんロングレンジの記事を仕込んでいきましょう。

 

まとめ

この方法で稼げることを証明できれば、どれだけ多忙な方・時間がない方でもブログで副業ができることの証明になります。

トレンドブログの欠点をすべて排除した運営方法なので、新しいブログ運営の誕生をあなたは目の当たりにすることでしょう。

ですので、それまでの軌跡を楽しみながら御覧ください。

 

続いて、特化型ブログ実践記2ヶ月目の内容をご覧ください。

↓↓2ヶ月目の実践内容はこちら↓↓